型落ち品、見切り品、訳あり品を買おう!スマホアプリLet(レット)で過剰在庫品を買って食品ロスを減らす。




コラム

日本では毎年612万トンもの、まだ食べられるはずであろう食糧が捨てられていています。

食料自給率が低くて、多くの食料を輸入に頼っているのに、大量に捨てられているなんて。。。

作ってくれた人たちに申し訳ないですよね。

私はスーパーで食品買うとき、賞味期限を確認して、賞味期限が迫っているものから買うようにしているのと、ネットで型落ち品を買うようにしています。

本日はスマホアプリで手軽に訳あり品が買えるLetを紹介します。




Letとは

Let(レット)は過剰在庫・大量廃棄を世の中から無くしサステナブルな社会を実現するために考えられたマーケット。

過剰在庫、型落ち品、見切り品、B級品、規格外品、展示品、など「訳あり品」を売買できるんです。

私もよくここで野菜や魚を購入しています。形は悪くてもとってもおいしい野菜や果物。賞味期限が迫ってきた魚の干物も冷凍すればしばらく美味しくいただけます。

「廃棄に待った!食品ロス削減 SALE」開催中

Letでは現在「廃棄に待った!食品ロス削減 SALE」が開催されています。ほとんどの商品が購入額の半分ポイントバック!次のお買い物で使えるのでとってもお得ですよ!

今回は何度もリピしてる島根の干物屋さんのお魚

規格外アイコ1キロ

こどもたちが大好きな茨城産紅はるかの干し芋を購入しました。

発送がアマゾンや楽天より少しかかるのと、ポイント付与も1ヶ月後くらいだったりしますが、そんなの気にならないという方はぜひ利用してみてくださいね(^^)

コメント