バナナが世界を変える?ジュート(麻紐)とバナナヤーンでトイレットペーパーカバーを作ってみました。




エコ雑貨




バナナが世界を変える?

こんにちは。CLOUDBERRY 店長の藍です。

今回は日本では珍しいバナナでできた糸の話をします。

バナナは世界の未来を変える新繊維といわれているそうです。

バナナの実は売り物になりますが、その茎は収穫の度に処分しなければならず、この作業に1ヘクタール当たり8000ルピー(約1万2000円)の費用がかかるそうです。

そこで色々な国の研究チームが廃棄する茎をリサイクルして、こんなにきれいな糸、バナナヤーンを作ってくれました。

他にもパイナップルやココナッツなど、色々な木、植物から繊維を取り出す研究が進められています。

ジュートとバナナヤーンのトイレットペーパーカバー【Change the world】

日本にはまだ馴染みのないバナナヤーンで麻のトイレットペーパーカバーの縁編みをしてみました。

バナナヤーンは太さがちがうのでできあがりの目の大きさがバラバラで編みづらいのですが、艶があり、生命力があり、なんともいえない素材感です。

麻はコットンと比べて、痩せた土地、少ない水でも育ち、3か月で3メートルまで大きくなる。そして茎が繊維になるので廃棄される部分が少なく、丈夫で長持ちするという、とても環境にやさしい植物です。

そんな麻とバナナヤーンという奇跡のコラボでつくったトイレットペーパーカバーの商品名は「Change the world 」

自然を壊すのではなくて守る。自然と子供の笑顔があふれる地球に変えていこうという願いをこめました。

ティッシュカバーではなくトイレットペーパーカバーにしたのは、トイレットペーパーは様々なシーンで使える素晴らしい再生紙ということを知ってもらいたかったから。

カバーとしてテーブルにおくこともできますが、逆さにしてフックにひっかけてキッチンや車内で使用するのもオススメです。

ぜひお手にとって天然素材の魅力に触れてみてください。

オンラインショップで販売中↓

【Change the world】ジュートとバナナヤーンのトイレットペーパーカバー
バナナは世界の未来を変える新繊維といわれているそうです。 バナナの実は売り物になりますが、その茎は収穫の度に処分しなければならず、この作業に1ヘクタール当たり8000ルピー(約1万2000円)の費用がかかるそうです。 そこで色々な国の研究チームが廃棄する茎をリサイクルして、こんなにきれいな糸、バナナヤーンを作ってく...

コメント